リレンザの服用に際して

リレンザの服用に際して、リレンザはどのようにインフルエンザに効果を発揮し、どのようなことに注意して服用すべきなのかをまとめました。病院でリレンザを処方された方には是非一度見て頂きたいサイトです。

リレンザの写真

リレンザは大人でも子供でも同じ量?

インフルエンザを治療する薬のひとつとなるリレンザは、通常の経口薬とは違い、専用の吸入器を使用するタイプです。ディスクと呼ばれるアルミシートに4つのブリスターと呼ばれる凸部分があり、この中に成分であるザナミビル水和物が5mg含まれています。吸入することで喉の粘膜から数十秒で体内に作用し、ウイルスの増殖を抑えて症状を緩和し、インフルエンザの回復を早めます。即効性や取り扱いのしやすさからも、予防薬として利用されることもあり、治療に使う場合とは用法用量が異なります。ただし、大人や子どもであっても、用量の違いはありません。治療用であれば成人、幼児ともに1回を10mgとして2ブリスター使用し、1日に2回で5日間の吸入を行います。予防用では成人、幼児ともに1回を10mgとして2ブリスターを使用し、1日に1回で10日間にわたって使用します。このように幼児でも大人と同じ量を使いますが、吸入タイプという特徴から、吸入器を上手く扱えない年代で処方されることはありません。基本的には吸入ができるようになる5歳以上の子どもからで、正しく吸引して薬の効果を発揮できると判断された時のみとなります。5歳以上でも上手く吸入できない子どもも多いので見送られることも多く、10~20歳未満では第一選択薬となっていることからも、リレンザが処方されるのは10歳以上からがほとんどでしょう。原則的に5歳未満の子どもには処方されませんが、感染状況や症状を考慮したうえで、医師が他の治療薬では効果がないと判断した場合に稀に処方されることもあるようです。その際は、リレンザの用法用量が異なることもあるため、医師の指導に従って正しく使用するようにします。