リレンザの服用に際して、リレンザはどのようにインフルエンザに効果を発揮し、どのようなことに注意して服用すべきなのかをまとめました。病院でリレンザを処方された方には是非一度見て頂きたいサイトです。

リレンザの写真

リレンザでの異常行動~地域別の報告~

インフルエンザのウイルス、A型とB型に効果がある、吸入式の薬がリレンザです。
治療目的の他には、予防目的として利用可能で、感染の広まりを抑えるために、大きな働きをします。
ただし、時々蕁麻疹や頭痛、腹痛や息苦しさというような、副作用が出ることもあります。
リレンザを吸引してから、変調が起きた時には、速やかにかかりつけ医に相談してください。
特に、手や足に痺れを感じたり、体温が上昇した時には、可能な限り早く病院に行きましょう。
インフルエンザウイルスは、呼吸とともに取り込まれ、気道の粘膜に張り付きます。
リレンザという薬は、吸引式であることから、気道に張り付き繁殖を繰り返すインフルエンザウイルスに対し、ダイレクトに作用するのです。
直接的に作用することから、リレンザの効果が得られるまでには、多くの時間を要しません。
こうした即効性が、リレンザを用いると重症化しない理由です。
タミフルとは違い、吸い込んで使用する吸引式であることから、薬剤が体内に吸収される量が少ないので、危険性も低いとされているのです。
しかし、吸引式であるが故に気を付けなければならない問題があります。
それは、上手に薬剤を吸い込むことができず、適切な使用が行えない方が居るということです。
小さなお子さんの場合、特に困難なようなので、リレンザを処方せず、タミフルを処方するお医者さんも多いようです。
加えて、気管という特定の部位に、限定的に効く薬なので、一度の吸入でインフルエンザウイルスの全てを除去することはできないのです。
何度もリレンザを吸引し、薬剤を体内に摂り込むことが、治癒させるためには、欠かすことができないことです。
そのため、リレンザを使用する時には必ず医者の指導を受けましょう。