リレンザの服用に際して、リレンザはどのようにインフルエンザに効果を発揮し、どのようなことに注意して服用すべきなのかをまとめました。病院でリレンザを処方された方には是非一度見て頂きたいサイトです。

リレンザの写真

リレンザで罹患完治まではどれくらいかかる?

インフルエンザウイルスに感染すると、1~3日の潜伏期間を経て、インフルエンザが発症します。38度を超える急性の発熱のほかに、倦怠感や食欲不振といった全身症状があらわれ、その後に咳やのどの痛みが続きます。インフルエンザは重症化しない限りは4~5日程度で解熱し、10日ほどで自然治癒する感染症ですが、10日間も学校や会社を休んでいられないといった理由や、免疫力が弱まっている高齢者や幼児では命の危険も伴うため、医療機関にて抗インフルエンザウイルス薬を処方してもらうのが一般的です。リレンザはインフルエンザの治療薬として有名で、ある年代の子どもには第一選択薬となっていることからも、比較的多く処方されています。リレンザはノイラミニダーゼ阻害薬の種類にあたり、発症から48時間以内に服用することで、ウイルスが増殖するために細胞から別の細胞に移動するのを防ぎ、全身に蔓延するのを抑えることができます。この作用によって症状の緩和と発症期間の短縮が可能となり、通常は回復まで10日かかるとされるインフルエンザを1~2日程度早めることができます。リレンザを使うと、およそ2~4日程度で熱が下がりますが、熱が下がったからといって、インフルエンザが完治したわけではないので注意しましょう。解熱後もウイルスは体内で生存しており、そのまま学校や会社に行くと感染源になる可能性があります。通常は解熱から2日ほどでウイルスは死滅すると言われているので、自宅で安静にして、ぶり返しがないか経過観察します。インフルエンザが完治したかは、熱を基準にするとぶり返しが起こることもあり難しいので、解熱後も繰り返す咳を目安にすると良いとされます。抗インフルエンザウイルス薬を使った治療は、完治するまで最低でも5日はかかるとされるので、少なくとも5日間は静かに過ごすようにしましょう。