リレンザの服用に際して、リレンザはどのようにインフルエンザに効果を発揮し、どのようなことに注意して服用すべきなのかをまとめました。病院でリレンザを処方された方には是非一度見て頂きたいサイトです。

リレンザの写真

リレンザも大事ながら空気の乾燥と手洗いにも注意を

リレンザはインフルエンザの治療に用いられている薬で、幅広い年代に使用できることから病院でよく処方されています。ノイラミニダーゼ阻害薬に分類され、ウイルスが増殖するために細胞から離れようとする働きを抑制し、細胞内に閉じ込めることで症状の緩和と回復を早める効果があります。専用の吸入器を使って服用することで、口腔内に成分が広がり、粘膜からすぐに体内に吸収されて作用が起こるという即効性があり、作用機序からも予防薬に適しているとされています。リレンザの効果は咽頭の周囲に発揮されるため、喉から入るウイルスには強い傾向があります。予防としては十分な効果がありますが、インフルエンザは空気感染以外にも飛沫感染、接触感染による可能性もあるので、帰宅時にはうがいや手洗いをすることが大切と言われています。特にインフルエンザウイルスは高温多湿に弱いと言われていますが、実際は乾燥した環境では、人間の粘膜の防御機能が低下することでウイルスが感染しやすくなります。逆に湿気が多い環境では、粘膜の防御機能が強まり、ウイルスが粘膜に付きにくくなることから予防には加湿器などで湿度を保つことが重要とされます。リレンザにはその他の治療薬とは違い、全身に作用が広がらない特徴があり、副作用が少ないのはいいのですが、目の粘膜などからの感染は防ぐことができないとされます。接触感染では手にウイルスが付いたあとで、目を擦ると粘膜から感染する可能性もあるため、無闇に物に触らないといった注意も大切です。外出時には様々な所にウイルスが広がっているので、帰宅時には手洗い・うがいはもちろんのこと、衣類の交換もするといいでしょう。部屋の換気や加湿を十分に行うことで、感染の予防ができます。