リレンザの服用に際して、リレンザはどのようにインフルエンザに効果を発揮し、どのようなことに注意して服用すべきなのかをまとめました。病院でリレンザを処方された方には是非一度見て頂きたいサイトです。

リレンザの写真

発熱時に腰痛、インフルエンザB型対策にリレンザ

 インフルエンザの治療薬として有名なのが錠剤タイプのタミフルですが、リレンザという吸入器によって服用するタイプの治療薬もあります。リレンザは世界で最初に開発されたインフルエンザ治療薬で効果も安定しています。リレンザはタミフルと同様インフルエンザA型とB型に効果のある薬で、インフルエンザウイルスに感染してから48時間以内に服用することで高い効果を得ることができます。しかし、必ず吸入器を使用して服用しないといけないため幼児やお年寄りが使うには少し手間がかかかるという難点もあります。
 インフルエンザウイルスは感染すると呼吸と共に鼻やのどに吸い込まれ気道で増殖します。リレンザは粉状の薬を吸入して使用するタイプの薬なのでウイルスが増殖する気道に直接作用し、吸入してから1分後にはウイルスの増殖を抑制し始めます。リレンザは錠剤タイプの薬よりも即効性のあるインフルエンザ治療薬となります。リレンザは即効性があるインフルエンザ治療薬ですが上記にもあるように使用する際には手間がかかるため使用頻度が減少傾向にあるとされています。
 リレンザを吸入する事によってインフルエンザに作用するのはインフルエンザウイルスの表面に存在するノイラミラーゼという酵素を阻害する事によってウイルスが他の細胞への感染や増大を防ぐ事ができます。そのため、インフルエンザウイルスが体内で増えるのを抑制し症状を改善する働きがあります。薬を服用して熱が下がったとしても服用をやめてしまうと再び熱が出てしまう可能性があります。そのためリレンザは5日間は服用した方が良いとされています。さらに、インフルエンザA型・B型の感染を予防する働きもあります。そのため、インフルエンザに感染した家族が出た場合予防薬として処方される場合があります。